ウッドデッキを自作してみた

ウッドデッキ
リフォーム時に予算の関係で断念したウッドデッキを父と一緒に作ってみた。

といってもなるべく庭を潰さないよう奥行き小さめの縁側感覚のもの。
ウッドデッキを作りたかったのは、部屋から見たときにリビングが広く感じることができるんじゃないかってのが一番の理由。

ウッドデッキの材料
まずは材料を計算してホームセンターへ。
(計算したのはオレじゃないけど)

レッドシダー、釘、防腐剤を購入。だいたい5万くらい。

ウッドデッキ施行前
ウッドデッキ施行前はこんな感じ。
1m程度の土間部分に作って、隣の実家のデッキと繋げる構想。

ウッドデッキ土台
まずは土台から。一番めんどくさい。
少し傾斜している土間に合わせて土台の木材を切り出して、ひとつひとつ高さを合わせる地味な作業。
材料が足りなくて買いにいくというトラブルもあり、これだけで1日かかった。

ウッドデッキ大引
次に大引を600ピッチでとりつけ。
ビスを打つ前に防腐剤を塗らないといけないのがちょっとめんどくさい。
でもこっからは楽しい。ガンプラで言うと手足のパーツがドンドンできていく感じ。

ウッドデッキ床板
そして床板をガンガン張っていく。
木材は微妙に曲がってたりするのもあるので、歪みを強制しつつ隣のウッドデッキと幅を合わせてガンガン張る。

ウッドデッキ塗装
床板を張り終わったら、防腐剤を塗って乾燥。
あー腰が痛い。

ウッドデッキ完成
翌日に確認。なかなかいい感じ。
業者に頼んだと言ってもわからないだろう。フフフ。

ウッドデッキお隣
隣との間はこんな感じ。
扉もつけました。

ウッドデッキ完成
室内からもいい感じになった。
(写真じゃよくわかんないけど)リビングが広がった感じがして気持ちいいぜ。

材料費約5万円。
主な工具は電ノコとインパクトドライバー。
老人+中年の2人で2日で完成。
(2日目に妻が塗装手伝い)

DIYcomments(2)

鹿田産業の簾:使用感レポート

鹿田産業の簾
その価格からかなり迷った簾。しかし、今回のリフォームのMVP
と言っても過言ではないくらい気に入っている。

サイドにヒモがないのは想像以上に部屋をスッキリとさせるし、
スプリングによる巻き上げはとっても快適。

なんといっても、この簾の存在によって桐箪笥とあわせて
部屋の雰囲気がかなり好みな感じになった。

ただし、夜部屋の電気をつけると外から室内が見えてしまうので、
部屋によってはそぐわないので注意が必要。


【関連記事】:「リビング」ビフォーアフター
【関連記事】:鹿田産業の簾

完成後レポートcomments(0)

IKEAの洗面台:使用感レポート

IKEAの洗面台
アクセスログによると、「IKEA 洗面台」で検索して
このブログにたどり着く人が多いっぽい。

IKEAは日本における家具のシェアが第2位になったとのことだけど、
交換しにくいキッチンや洗面台は、ちょっと不安な人が多いからかもしれない。

で、

約6ヶ月ほどIKEAの洗面台を使ってみたけども・・・不満なし!
デザインも気に入ってるし、機能も十分。

正直、IKEAの家具は価格によって他のメーカーと質の差を感じるものもあるけど、
洗面台に関してはとてもリーズナブルなうえに質の差を感じない。


【関連記事】:「洗面室」ビフォーアフター
【関連記事】:IKEAの洗面台を設置
【関連記事】:IKEAで洗面台を購入

完成後レポートcomments(0)

ASKOの食洗機:使用感レポート

ASKOの食洗機
かなり迷って選んだ食洗機選びは、結果的にASKOで非常に満足している。
今のところまったく不具合などもないし、毎日わが家の皿をガンガン洗ってます。

特によかったと思うのは『容量』。

一部コーティングがはがれる鍋などは入れることはできないけど、
基本的にはガンガン食洗機につっこめるので、キッチン周りがスッキリ。

洗浄力も文句ないし、使い方もシンプルでとても気に入っている。


【関連記事】:ASKOの食洗機

完成後レポートcomments(0)

[雑記] ケーブルタートル

ケーブルタートル1いつも悩むのが家電のケーブル収納。ぐちゃぐちゃになるのが常だったけど、
ケーブルタートルでその悩みも解消できた。

サイズがS・M・Lとあるが、少しでも太めのケーブルや長めのケーブルには
迷わずLをオススメする。Mを買って収まりきらなかった例が多かった。

雑記comments(0)